これぞ定番!木村カエラの「Butterfly」

こちらは最早ウェディングソングの代表格とも言うべき一曲ですね。木村カエラさんご本人が親友の結婚式で歌われたというこの曲は、歌詞の内容も結婚式を迎えた新郎新婦を手放しで祝福するものになっています。「今日はいままでのどんな時より素晴らしい」「今日はいままでのどんな君より美しい」ふわりとなびく純白を纏う新婦を蝶にたとえて、蝶が辿り着くその運命の花とはこれから新婦を守り慈しんでくれる新郎なのでしょうか。今日が新郎新婦にとって最良の1日になりますようにと、そんな切なる願いが込められている一曲です。

意外と知られていない名曲?aikoの「瞳」

等身大で切ない乙女心を歌わせたら右に出る者はいないaikoさん。この曲もaikoさんご自身が親友の結婚式で歌った曲なんだそうです。題名ではピンとこない方も多いでしょうが、一昔前に花王「ハミング」のCMで起用されていました。じっくり聴いてみると、新婦である親友に向けた激励とも、これからこの世に生を受ける小さな命に向けられた歓迎ともとれる一曲です。「いつかは必ず訪れる胸を体を頭を心をもがれるような別れの日も来るそんな時にもきっと愛する人がそばにいるでしょう」会場全体が涙なしにはいられない結婚式を演出してくれることでしょう。

斉藤和義「歌うたいのバラッド」

最後は少し変化球のこの一曲。実は筆者の従兄弟の結婚式で、この曲がエンドロールに流れました。「今日だってあなたを思いながら歌うたいは唄うよ」「ずっと言えなかった言葉がある短いから聞いておくれ愛してる」斉藤和義さんのしっとりした歌声に乗せて流れてくる切ない歌詞は、まるで不器用で無愛想な従兄弟の気持ちを代弁しているようで、とても素敵な結婚式だったことを覚えています。新郎さんが無口で照れ屋だったりするのなら、こんな一曲でいつもは伝えられない気持ちをメロディーに乗せてみるのも良いかもしれませんね。新婦のためだけに唄う歌うたいさん、素敵です。

高崎の結婚式場で結婚式を挙げたいと思っている方は、どの場所でやるか悩むと思います。高崎はアクセスしやすいように駅近くに式場があります。式場も5件以上ある為に、各自に合った式場を見つけることができます。