招待状の書き方について知ってますか?

結婚式に呼ばれた場合何かと知っておきたい常識があります。知らないと大人としてとても恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。招待された場合に自宅に招待状が届きますが、マナー違反にならない書き方があるのですよ。表書きにはあらかじめ結婚される方の名前が書いてあるので、「行」を二重線消して横に「様」と書きます。裏面には出席か欠席かを丸で囲むようになっているのですが、主欠席や名前などについている「御」も二重線で消すのがマナーなのですよ。

白い服は絶対に避けるって知っていましたか?

女性の場合結婚式にはドレスアップしていく人もとても多いですよね。ヘアメイクもしっかりと整えていくのがマナーですが、着て行ってはいけない服装もあるのですよ。まず絶対避けなければいけないのが白い服です。白は花嫁の色と決められているで、白いドレスを着ていくのはマナー違反なのですよ。また花嫁より目立つほど派手なドレスであったり、露出が多いドレスも好ましくないのです。また逆に普段着すぎるのもNGなので気をつけましょう。

ご祝儀に偶数はNGって知っていましたか?

結婚式に呼ばれた場合には必ずご祝儀を持っていきます。このご祝儀は相場はどれくらいなのか、最初に悩んでしまうでしょう。友人や同僚、家族や上司など結婚する方によって金額は異なってきます。そのため事前にしっかりと相場を確認したり、一緒に出席する人達にも聞いておくと安心です。ご祝儀は割れるという意味から、2万円なども偶数は避けるのがマナーです。もし2万円包みたいのであれば、1万円と5千円2枚を包むようにし、奇数にすることが必要なのですよ。

結婚式場を赤坂で実現させたいと望んでいるなら最適です。さまざまなスタイルの挙式が可能ですから、必ず満足することができます。