ウェルカムボードを設置しよう

結婚式の受付では、参列した人の名前を書く記帳台があり、ゲストからお祝儀を受け取って、披露宴の席次表やメニュー表を渡しています。結婚式を挙げる多くのカップルの中では、受付にウェルカムボードを設置して、二人の結婚式を盛り上げていますよね。ウェルカムボードには、結婚式・披露宴の日付、二人の名前を入れます。二人の写真や似顔絵を飾ることもありますよね。自分たちで作っても良いし、友達やプロの人に頼んで思い出に残るウェルカムボードを設置しています。

ウェルカムベアが置かれていることも

結婚式の受付台には、ウェルカムベアといってテディベアのぬいぐるみが2つ置かれていることもありますよね。結婚式にちなんで、テディベアがタキシードとウェディングドレスを着ていたり、二人の趣味を表す衣装として野球好きのカップルなら野球のユニフォームを着たテディベアが置かれていたりもします。ディズニー好きのカップルなら、ダッフィーやシェリーメイのぬいぐるみが置かれています。このウェルカムベアも二人のキャラクターを表すグッズですよね。

ゲストに渡す席次表を作ろう

受付では、披露宴の会場でどこに座るかを示した席次表を渡します。席次表の中には、テーブル配置と座る人の名前が書かれています。氏名はフルネームで、会社名や肩書なども書いてあります。会社名があまりにも長い時には、「新郎上司」「新婦同僚」などと書いても構いません。親戚の名前のところにも「叔父」「伯母」などの表記をすることになるのですが、自分から見てどの表記が正しいのか分からなくなったら、式場のウェディングプランナーの方に相談したら正しい表記方法を教えてくれますよ。

白金の結婚式場の場合、周辺の街並みにマッチしたお洒落感漂う雰囲気となっており、上質な結婚式を行うことができます。