家族は笑顔で送り出そう!

挙式・披露宴当日の朝は、緊張や興奮で本人はナーバスになりがちですから、そこは親らしく上手にコントロールして、誰もが不安や緊張を乗り越えて晴れの舞台に臨むのだと、アドバイスしましょう。親は本人からあいさつをされたら、照れずにしっかりと受け止め、家族からもはなむけの言葉を贈るといいですね。結婚式当日の朝は、時間にも気持ちにも余裕が少ないものですから、あいさつは前日にすませておくようにしてもよいでしょう。

結婚式当日に本人たちが心がけること

新婦は結婚式当日の朝食はキチンと食べますが、水分は控えめにしましょう。披露宴中にはあまり食べることができませんから、サンドイッチなど、サッと口にしやすいものを持参すると安心ですね。両親へあらたまったあいさつをするなら、情緒的になりすぎないようにしましょう。大泣きすると、メイクに差し支えることもありますよ。両親へのあいさつは、男性もキチンと、「今日はよろしくお願いします」と、折り目正しく述べるといいですね。

結婚式当日のトラブル対処法

両親のいずれかが体調不良などで出席がかなわなくなった場合は、まず本人に動揺しないように伝えましょう。次に相手と相手の両親、式場担当者、媒酌人や司会者に連絡して、招待客に事情を説明するかどうか、説明する場合は、誰がどのようなタイミングで伝えるかなど、式場担当者のアドバイスに従うとよいでしょう。主賓から遅刻・欠席の連絡を受けた場合には、まず電話口の相手をいたわり焦らないように伝えます。その後、式場担当者、司会者に伝えましょう。

結婚式場を東京で探すと理想を叶えやすいです。どんな規模の結婚式にも対応出来ますし演出も料理も洗練されています。